読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家族の生活費の内訳!一ヵ月の平均は?手取りと年収から考える

夫婦二人から三人家族、四家族、五人以上の大家族まで生活費の内訳と給料の使い道、職業別にどんな生活レベルを送っているのかまとめて紹介しちゃいます!!

三人家族の生活費で家計を圧迫しているものを計算したら?

私の家庭は三人家族、専業主婦をしています。給与は35万円で、5万円は貯金、3万円は夫のお小遣い、残りは生活費です。今回は日常生活の中でお金に困った経験を書こうと思います。

 

日常生活でお金に困る時は、やはり急な出費が重なった時です。冠婚葬祭や医療費、電化製品が壊れた時などは一気にお金がなくなります

 

特に家電製品は一つ寿命がくると、その他のものも連続して調子が悪くなっていくので恐怖です。以前は冷蔵庫と洗濯機と電子レンジが同時期に故障し大変な目に遭いました。

 

メーカーに来て頂き、修理で済むならと思ったのですがどれも寿命と言われ、新しく買い替えるのと修理代と費用はほぼ変わらないと言われました。修理をしたとしてもまた直ぐに別のところに型がくるだろうということで、渋々ながら新品に買い替えました。

 

f:id:catchkun:20170131195023j:plain

医療費と冠婚葬祭費は生活費を圧迫する


また、医療費も家計に影響するものの一つです。


我が家にはまだ小さな子供がいるのですが、風邪をひくと必ずこじらせてしまい、そのまま入院になることがとても多いのです。

 

子供なので保険も入っていませんし、なかなか大変です。まだ小さいこともあって夜泣きをするので、入院する際は必ず個室にしています。

 

ただ個室は別途料金がかかるので、更に出費が嵩張ります。ひどい時は一年の間に5〜6回入退院をするので本当に大変です。大きくなるにつれ免疫も上がるだろうということなので、その言葉を信じて頑張っています。


他には冠婚葬祭が重なることも度々あって、家計に響きます。特に結婚式や出産祝いなど、私の年齢がちょうどラッシュ時期に当たるようで物凄く大変です。

 

しかし、お祝いをしないわけにはいきません。今後の付き合いもありますから、ちゃんとお祝いさせていただくのですが、ひどい時では月に10万円ちかく飛んでいくこともあります。

 

特に結婚式に参列するとなれば、お祝儀だけではなく美容室からドレスから全て揃えなければなりません。


結婚式自体はとても嬉しく幸せなことなのですが、出費のことを考えると少し複雑な心境になることも否定できません。

f:id:catchkun:20170131195223j:plain

田舎では特に光熱費が家計を圧迫


冬場は水道光熱費が群を抜いて高くなります。寒さが厳しく、毎年必ず雪が積もり大変な地域ですので、夏の水道光熱費の2倍以上の出費になります。

 

特に電気代が高く、家計を苦しめます。エアコンはフル稼働ですし、すると必然的に加湿器もフル稼働で動かさねばなりません。

 

我が家には加湿器兼空気清浄機が3台あります。使用して思ったのが、加湿器は結構電気代に影響するということです。それでも加湿器を使用しなければ乾燥で喉が痛くなりますし、ウィルスも飛沫します。ですからエアコンと加湿器は必ずセットで稼働しなければなりません。


統計的にみても、やはり冬場の出費が多くなります。エアコン意外にもインフルエンザの予防接種やノロ対策のためにラクトフェリンヨーグルトも買っています。

 

インフルエンザの予防接種は一人当たり2回ずつ接種しているので、それはもうすごい金額になります。それでも二回接種した方が感染率は下げられるので毎年家族で二回接種をするようにしています。


初めの方に医療費の出費も多いと書きましたが、私自身も持病があり通院している状況です。そのお薬代が高額なので、いつももったいないと思いながらも支払っています。

 

ですから健康な人が羨ましいなといつも思います。病院と縁のない方と、しょっちゅう通っている方とでは、一年を通して換算した時にどれほどの差ができるだろうと考えると溜息しか出ません。

 

子供が大きくなればさらに家計を圧迫するかも!?


しかし、お金が必要になるのはこれからだと思っています。子供が大きくなるにつれ出費も嵩張っていくと思います。その時に備えて、今は少額でも良いのでコツコツと貯金をしているところです。


私も夫も旅行が好きなのですが、急な出費のことを考えて今は全然どこにも旅行していません。今はとにかく色んなところで節約を心がけています。特にお料理は一番節約できるところだと思っているので、安くて美味しいレシピを改造中です。