読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家族の生活費の内訳!一ヵ月の平均は?手取りと年収から考える

夫婦二人から三人家族、四家族、五人以上の大家族まで生活費の内訳と給料の使い道、職業別にどんな生活レベルを送っているのかまとめて紹介しちゃいます!!

家族四人の生活費と内訳!夫婦喧嘩はやっぱりお金で起きる

今回は4人家族で何とか過ごしている私の給料と生活費の内訳を紹介しようと思います。

 

夫の手取りが約32万、妻は専業主婦、子供二人住宅ローン完済済(結婚してすぐマイホーム購入、繰り上げ返済を繰り返し子供が産まれる前に完済しました)

 

 

  • 電気代8000(一年の平均)
  • ガス代5000(都市ガス)
  • 水道代4000
  • 固定電話7000
  • 携帯電話2台2500(通話のみ)
  • スマホ2台1800(格安SIMにて、本体は一括で購入済)
  • 食費35000
  • 日用品5000
  • 幼稚園42000(2人分)
  • 習い事10000
  • 夫小遣い25000
  • 妻小遣い10000
  • 夫生命保険10000
  • 妻生命保険3000
  • ガソリン代6000
  • 休日のレジャー費、外食費など10000(余った分は繰越)
  • 一ヵ月の最低生活費 約171300

このほかに別途クレジットカードでその都度買い物をすれば2~3万円+になります。
残りは貯金しています。


このほか夏、冬のボーナスを貯金して車検、住宅の固定資産税、学資保険、年金保険の一括払いなどにあてています。

生活費は各項目ごとに封筒を作成して月初めに振り分けをしてそこからなくならないように使っています。

 

具体的には

  • 食費、日用品→40000
  • 積立て貯金→10000(春の固定資産、車の税金に使います)
  • 育児代→10000(幼稚園で別途集金があったり必要なものを購入するときに使います)
  • 習い事→10000
  • 病院費→10000

これらの封筒には毎月決まった金額をしていて、必要な時はそこから使い貯まった分はストックしておきます。

 

f:id:catchkun:20170201234020j:plain

 

我が家の現状とお金に困ると感じるときは?


住宅ローンが終わっているので毎月の生活には余裕があります。以前は私もパートをしており月6万ほど稼いでいたのでさらに余裕がありましたが、専業主婦になってからは夫の給料のみで貯金しています。

 

生活の中でお金に足りないと困る時は車の車検の時です。2台車を所有していますが、夫の車検は10万以上かかるためボーナスから車検用を取っておかないと毎月の給料だけでは厳しいです。


毎年春(4~6月)も住宅の固定資産税と車の税金で10万以上かかるので毎月1万積立て貯金をして春の出費に備えています。


食費は子供が大きくなるにつれだんだんかかるようになってきました。

 

以前夫婦二人の時は20000円ほどでやりくりしていましたが子供が産まれてだんだんかかるようになり今は35000円でもギリギリです。どこまで食費がかかるようになるのか少し不安です。


子供が幼稚園に行き始めてからは毎月4万ほどかかるようになり、カツカツでした。働きに行きたくても朝は9時にバスが来て帰りも3時頃帰ってくるため職種が限られてなかなか働けなくお金だけが減っていきました。

 

やっと見つけた10~14時までの4時間パートで月6万以上稼げたので2年ほど働きましたが、仕事をすると家事がおろそかになり、手作りの食事もなかなか難しくなり惣菜を買うこともしばしば…土日もどちらかでなければいけなくて夫ともケンカが増えてきたのでパートをやめました。

 

春から小学生になるので、その頃になると教育費が半分以下になるので少し余裕が出来るかなと期待しています。

f:id:catchkun:20170201234429j:plain

夫とのケンカはいつもお金が絡んでいる


夫は車やバイクが好きで、今乗っている車は12年目ですが来年の車検は通さず新しいのを買い換えたいようです。そのほかにバイクも持っており今年はバイクを買い換えました。

 

40万ほどバイク代に消え、さらにヘルメットも新調したいということで22000円のヘルメットをカードで購入していました…

 

毎日働いてくれて夫の稼ぎがないと生活できないため強くは言えませんが、私なんか1万円以上の買い物したのなんて何年前だろう…と正直頭にきます。

 

主婦はいくら貯金しても、子供の将来が不安で仕方ありません。大学に行くことになれば何百万もかかるし、県外で一人暮らしをするならそれ以上にお金がかかります。

 

そう考えると子供が小学高学年あたりから中学生にかけて、私がパートでまた貯金を増やさないとと計画しています。