読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家族の生活費の内訳!一ヵ月の平均は?手取りと年収から考える

夫婦二人から三人家族、四家族、五人以上の大家族まで生活費の内訳と給料の使い道、職業別にどんな生活レベルを送っているのかまとめて紹介しちゃいます!!

都内アフタースクールで年収100万前後。生活費の内訳と使い道

月々にかかる生活費は、家賃15万(賃貸)、生活費10万、保険等20万程度だと思います。程度というのは、私が管理しているのは生活費のみで、あとは夫が管理しているからです。


生活費の内訳は、食費4万、交通費2万、携帯0.5万、日用品1万、趣味・交際費1万、光熱費1万です。自分が稼いだ分の半分は、定額貯金。そのほかは、自分の友人の冠婚葬祭や出産祝い、勉強への投資に使います。


病院などの健康管理、旅行などの臨時の出費などは、夫にお願いしています。

 

f:id:catchkun:20170203223729j:plain

 

働いている時は、月に30−40万程度自由に使えていたので、退職後、10万のやりくりは非常に困りました。


美容関連は、スマホアプリで、無料か半額を探し受けています。マツエクは無料、ヘアサロンは年に2回、ネイルはセルフ。エステは帰省時に母のお供で。服はほぼ買わなくなりました。ポイント集めも必死です。


仕事していた時は、何も考えずにお金を使っていたな、と反省しましたが、とにかくお得を探す日々、お金ばかりを気にしてしまっているのに気づく時、時々辛くなります。

 

生活費を切り詰めながら将来に向けて貯蓄中

こんな生活ですが、将来は子供が2人以上欲しいですし、そうなると幼稚園のための教育費、小学生からの学習塾の費用などお金はどんどんかかると思いますので、毎月わずかながらも貯蓄に励んでいます。

 

友達曰く「子供ができてから急に貯金しようと思っても遅い、子供のいないうちこそ貯金ができるとき」ということなので、生活費を切り詰めながら頑張っています。

 

でも、結婚する前はこんなに結婚生活が貧しいものだとは思わなかったので、意外とストレスは溜まります。

 

お金持ちの旦那さんと結婚して、毎年海外旅行に行っている友達を見ると、やっぱりお金って重要だな・・・。と思ってしまいます。

 

でも、今は私のことを愛してくれる旦那さんがいるので、これが平凡な幸せだと思って日々の生活を楽しんでいます。