読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家族の生活費の内訳!一ヵ月の平均は?手取りと年収から考える

夫婦二人から三人家族、四家族、五人以上の大家族まで生活費の内訳と給料の使い道、職業別にどんな生活レベルを送っているのかまとめて紹介しちゃいます!!

介護職手取り20万!ギャンブル依存の夫婦が生活を手に入れるまで

北海道にある高齢者の支援センターで働いています。夫婦二人暮らしで、1ヶ月にかかるお金は、食費(約3万円)、車のローン(二人分で約3万円)、車の保険(二人分で約2万円)、生命保険(二人分で約2万円)、

 

市民税(2ヶ月に1度2人で4万円)、光熱費で月2万円、携帯代(二人分で2万円)あとは私が再婚なため、前妻に養育費として2万円払っています。

 

合計18万円ほど1ヶ月に確実に支払わなければならないものがあります。あとは生活用品ですとか嗜好品などにお金はかかりますがそこはまちまちです。

f:id:catchkun:20170204164220j:plain

給料が低いと貯金ができず生活が苦しい

私は昔から貯金をするということが苦手な人間で、あればあるぶんだけお金を使ってしまうタイプでした。趣味もパチンコ、麻雀、お酒、タバコなど、お金がかかるものばかりでした。

 

そのような生活をしていたため、もちろんお金が貯まるはずもなく、28歳で結婚をしましたが、その当時ももちろん貯金はゼロでした。昨年結婚式をしました。

 

私達夫婦は所得が少ないので結婚式の資金を用意するのにも相当な苦労をしました。食費を削り、光熱費を節約し、必要最低限のものしか買わず・・・それでも全然追いつかず、両家の親からの援助を受けした。

 

さらにクレジットカードのキャッシング枠で30万円ほど借りました。この時期は本当にお金に困っていました。

 

介護で金銭的に困ったときにクラウドサービスを発見した

 

当然お小遣いなどスズメの涙ほどしかないので私はその少ないお金をどうにか増やそうといろんなことをしました。パチンコ、競馬などのギャンブル、携帯電話のポイントサイト、などなどあらゆることをためしましたが結果はどれも無惨なものでした。

 

私は諦めてお金を使うのをやめました。お金がなければ使わないようにするしかない。そう思っていました。

 

そんな時に私はクラウドソーシングというものの存在を知りました。「これなら自分の努力次第で小遣い稼ぎくらいできるかもしれない。」と、そう思った私はすぐにクラウドソーシングのサイトをネットで調べました。

 

f:id:catchkun:20170204164255j:plain

 

そこでランサーズというサイトに出会いました。評判を見ると日本でも最大規模のクラウドソーシングサイトだということを知り、私はすぐに登録をしました。

 

まったくの初心者な私はそこに何がかいてあるかすらもまったくわかっていませんでしたが今は少しずつ内容が理解できるようになり、作業も順調にこなせるようになってきて、少しずつ報酬金額合計が増えていくことに今は喜びを感じています。

 

私は今まで、困るべくしてお金に困るといったような生活をしていましたが今では、無駄なお金の浪費は一切せず、タバコはやめ、余暇時間は副業に費やす、といった生活をしています。

 

もし、私がもっともっとはやくこの生活を続けていれば少しは、いや、結構なお金を貯金できていたのではないかなと思います。

 

かといって私は昔からお金がない生活になれているため、お金がなく困ることはあってもそこまで追い詰められることはありません。お金がない時はないなりの生活をすればいいのです。

 

20代前半のギャンブルに依存していた時はひどいものでした。

 

冬場灯油を買うお金までギャンブルです使い果たしていた私はストーブをつけることもできず、布団の中でドライヤーで暖をとったり、凍結した水道を溶かすために外から雪を持ってきて鍋に入れ、コンロにかけてお湯を作り、凍結部分にかけて溶かしたり・・・追い詰められるとなんとかして生きていくのが人間ですね。

 

そこまでなる前にギャンブルをやめろという話になりますが(笑)しかし私はこのような経験はいい経験だったと思っています。

 

今の私があるのもそのような暗黒時代を乗り越えたからこそだと思っています。お金がないときどのように生きればよいか、また、緊急時にどう対処するか考える力がつきました。これからはなるべくお金に困らないよう工夫しながら生きていきたいです。