読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家族の生活費の内訳!一ヵ月の平均は?手取りと年収から考える

夫婦二人から三人家族、四家族、五人以上の大家族まで生活費の内訳と給料の使い道、職業別にどんな生活レベルを送っているのかまとめて紹介しちゃいます!!

教育費が高い!神奈川の専業主婦で年収1000万の生活費

神奈川県の専業主婦です。世帯年収は1000万になります。今回は我が家の生活費の内訳と、主な使い道について公開します。

 

  • 電気代6000円
  • ガス代9000円
  • 上下水道代5000円
  • 食費4万円
  • 子供の学校費(給食費4300円、色々3000円)
  • 習い事費用2万円
  • 塾2万円
  • ガソリン代3000円
  • 雑費3万円、新聞代4000円
  • NHK受信料2000円
  • 携帯代金とネット
  • 電話16000円、貯金

 

これらが1か月の内訳です。

 

 

f:id:catchkun:20170211133549p:plain

 

年収1000万でも子供の教育費は高いと感じる

子供の教育費が小学校高学年になり、かなり必要になってきたのでとてもビックリしました。

 

いつも夫からお給料日後に手渡しで生活費のやりくりをしていますが、子供の塾費用がかかるようになり、特に季節講習になるとまとまった塾代の請求があり、とても驚きました。

 

期限内の支払いが必要になるので、それまでにお金の準備をしないといけませんし、長期休みになるとその分、塾へ通う日数が増えるので塾費用などもかなり必要になり、負担が大きくなりました。

 

またそれ以外にも施設費用や教科書代など驚くほどの請求額を見て、塾を続けるかどうかかなり悩みました。

 

習い事は幼少時からピアノや空手など子供は習っていましたが、やりくりが大変になってきたので、習い事は一旦やめることにしました。

 

また卒業式シーズンになると、中学に向けての準備が始まり、卒業式で着る服装や中学の制服代、卒業アルバム代、他にも親も卒業式や入学式に向けての服装を準備する必要があるため、色々とお金が想像以上に必要になります。

 

やりくりが大変になるので、上手にお金の管理をしていかねばなりません。

 

生活の中で、想定外でお金が急に必要になることは多々あり、特に驚いたのは空手で昇格試験がありますが、帯が黒帯になった時は昇格代金の請求が3万円だったのには驚きました。

 

期限も1週間の間で支払わねばなりませんし、かなりハードなスケジュールだったので空手の費用に関しては、毎月のお月謝以外にも昇格試験時の検定料や帯代など他の請求もあるので、そういった部分も含めて習い事は継続していく必要があると実感しました。

 

ピアノは、発表会が年1回あり、それは市民ホールを貸し切って行うので、発表会の参加費用や発表会で着用するドレスを購入したり、習い事を行う上で色々な費用も必要になるので、日頃から準備しておかねばなりません。

 

f:id:catchkun:20170211134101p:plain

 

 

お金に困った時は、貯金を切り崩してからやりくりするようにしているので、何とか生活もバランスよく行っています。

 

中学生になったら、給食はなくなりお弁当になるので、食費も今よりもっと必要になり、子供の携帯電話やお小遣いなども準備は必要になるので、色々とお金は必要だと認識しています。

 

小学校高学年になると、習い事を辞めて塾通いするお子さんも増えているので、我が家も同じように塾通いを始めましたが、請求額が学年と共に増えていくので、やはり早めに準備は必要だと実感するようになりましたし、子供が中学生になったらパートへ出て働くつもりです。

 

今は家の中で添削のアルバイトをしていますが、あまり収入にならないので、外に出てパートしたいと考えています。

 

今は、卒業前なので卒業アルバム代の請求や中学入学の準備などでお金が予想外に必要だとわかったので、金銭的なことで色々と考えるようになりました。

 

卒業式後には謝恩会などもあるので、参加するので出費が増えますし、他にも入学費用や子供の自転車が小さくなったので買い換えるための費用など予想外にお金が必要になるので、日頃から資金の準備は必要だと意識しています。

 

最近は自宅のリフォーム代も悩みの種です。

自宅のガス給湯器も12年目になり、古くなってきたのでそろそろ買い替え時期だな〜と感じているので、早めに買い替えを検討しているところですが、これもまとまったお金が必要になります。

 

住まいも10年経った頃に屋根など外壁塗装したので、家は綺麗になりましたがまとまった金額を支払いました。メンテナンスは必要になるので修繕費用として別途貯金は行っていますし、

 

日頃から色々と分けて貯金をするなど、準備はまめに行うようにしています。これからまとまったお金は必要になるので、子供の成長と共に出費も増えていくので準備が必要になります。